私が『パニック』から脱出して女性起業家を応援するようになるまで

 

 

こんにちは、中谷仁美(なかたに ひとみ)です。

 

私は1970年11月

東京都葛飾区で父25歳・母25歳の長女として生まれました。

 

その後、埼玉県草加市の建売住宅へ引越し、

2歳下に弟が生まれました。

 

父は電気工事会社を経営しており、

忙しいながらも

家族4人幸せな生活を送っていました。

 

 

私が小学5年生の時、母が妊娠。

11歳下に弟ができました。

 

弟が生まれたのを期に草加市から

 

隣の八潮市に三階建で屋上なんかもある鉄骨造りの一軒家を建築しました。

 

日本は高度成長期で父の会社もどんどん売上がのび、

大きな家へも引越し

生活に余裕もでき家族5人幸せになる!・・・・と思っていました。

 

が、、、

 

【お前は何もできないやつだ!】

 

その頃から父の様子がおかしくなりました。

 

役員報酬をたくさん得るようになった父は

世の男性と同じように浮気を始めました。

 

そして、服装も派手になり、毎日帰りは朝方

それを問い詰める母に怒鳴るようになりました。

 

とても優しい父が豹変してしまった事に

家族みんなとてもショックを受けました。

 

中学生の頃には毎日夜中に両親が大声でケンカをするので、よく眠れませんでした。

 

一番下の弟はまだ2歳・・

 

しかも、父はお給料をまったく家庭に入れなくなりました。

 

2歳の子供をかかえ、ずっと専業主婦だった母は仕事を見つけることもできず、

 

『何もできないやつだ!』と

父に罵倒され、馬鹿にされ

いつもお金に苦労をしている母の姿をみていたので

 

『私は結婚は一生しない!』

『お金を稼いで男に馬鹿にされない人生を生きる!』

 

中学生の時、そう決めました。

 

母はこの頃、完全なうつ状態

食事をまったく作らなくなり

 

中学生の私が弟2人のご飯を作ってました。

 

母の苦労とは裏腹に父の会社はどんどん大きくなり

ますます調子にのった父は

とうとう他の女性と暮らすため家を出て行ってしまいました。

 

私は高校・大学と進学し

 

就職するときには

一生できる仕事で起業する。

 

しかもまとまったお金がないので資本金なしでできる仕事。

 

あと、満員電車に乗るのが嫌だったので、自宅できる仕事

 

と色々考え

 

損害保険の代理店になるために損害保険会社の営業になりました。

 

22歳でそこまで考えてたんですよ。

結構、健気ですよね(笑)

 

それから、

必死に保険の営業をしました。

 

生命保険と違って損害保険(自動車保険や火災保険など)なので

大体保険料を5,000万円集めると手数料で1,000万円ぐらいにはなりました。

 

しかも、毎年更新がくるので安定して毎年1,000万円が稼げる。

 

20代の女子が1,000万円って良い収入ですよね。

 

これで一生安泰!!!ということにはいきませんでした(涙)

 

『保険が自由化』となり、競争が激しくなったため、

小規模1人経営だと競合に負けてしまう。

 

なので渋谷に事務所を構え、従業員も2人雇いました。

 

固定費が大変でお金はカツカツに・・(涙)

 

頑張って頑張って忙しく仕事をし、

お客様に呼ばれれば、

夜遅くても、日曜日でも仕事

 

飲みに誘われればお付き合い・・

 

【パニック発作に顔中ブツブツ】

 

 

そんな毎日を過ごしていた35歳の時、

とうとう

電車でパニック発作を起こしてしまい

それから、ほとんど電車にのれなくなってしまいました。

 

 

東京で営業しているのに電車に乗れないって・・

 

仕事できませんよね(涙)

 

一人暮らしで頼る旦那もいない・・

 

もちろん、両親にも頼れない・・

 

『あーこれで今まで私の積み上げてきたものは全てなくなるのか・・(涙)』

 

『契約もなくなって、お金もなくなって、どうやって生きていこう・・(涙)』

 

と、どんどん自分を追い詰めてしまいました。

 

その結果、

パニック発作に加えて、顔中にブツブツが大量にできてしまい、

家から出ることができなくなってしまったのです(号泣)

 

今では笑って話せますが、当時は本当に辛かった、、

 

体調が悪く、顔もブツブツなので

前向きな気持ちにもなれず、ダメになったら生活保護しかないか・・

 

とある意味、開き直りました。

 

【働き方を変えたら予想外の結果に!】

 

 

全ての契約を従業員にまかせ、

時間が取られる顧客には辞めてもらい

 

私は家でできる仕事、

優良な顧客へ手紙を書いたり、電話をしたりしてました。

 

そうしたら、、

そうしたら、、

 

どうなったと思いますか?

 

予想しなかった結果に!

 

なんと、売上が伸びたんです!

 

今まで忙しかったのは、

ちょっと、こまかかったり、

めんどくさかったり、

クレーム言う人だったり、

 

そんな人の対応が忙しかっただけみたいでした。

 

良いお客さんって

本当に良い人なので、

何も言わずにたくさんの保険料を払ってくれていたんですね。

 

病気になって初めて、

良いお客さんがたくさんいた事に気が付くことができました。

 

良いお客さんは何も言わないので、逆に1年に1回しか会いに行っていなくて

ある意味、放置していたのです、、、

 

そんなお客様にまめに電話をしたり、

情報の手紙を書いたりしていたら、

 

私が体調悪くて外出できないのを応援して、

新規のお客さんを紹介してくれたり

もっとたくさん保険に入ってくれたりしてくれたんです(感動)

 

私は何で良いお客さんに時間を割いてこなかったのか

本当に反省しました。

 

それから、

私のビジネスの仕方や考え方が大きく変わったのです。

 

『ガムシャラ』に働くのはやめ

人にまかせる、

自分にしかできない事に時間を使う。

 

そうする事によって働く時間は1/3に売上は3倍になりました。

 

でも、結局5年近く症状は良くなりませんでしたので、

皆さんはそんな事になる前に

 

『ガムシャラ』に働くのはやめてくださいね。

 

その後は契約を取るというより

情報提供型に変えました。

 

そして

オフラインマーケティングからオンラインマーケティングまで

たくさん学び実践して経験を積みました。

 

保険の契約をいただいていた会社にコンサルティングをしたりしているうちに

 

マーケティングの会社も経営する事に(笑)

 

それで今に至る感じです。

 

【女性が幸せになれば世界が良くなる!】

 

 

仕事は楽しいので放っておくとずっと仕事をしてしまいそうになりますが、

 

35歳パニック発作、

顔中ブツブツを思い出して

 

自分にしかできない仕事に集中し

 

あとは周りにまかせる!

 

を実践しています。

 

【女性が幸せになれば世界が良くなる!】

 

と本気で思っているのですが

どうすれば幸せになるかな・・

 

と考えた時に

 

『まずは経済的自立だな』と考えました。

(母のようにならないために)

 

自分の力で年収1000万円稼げたらどうですか?

 

『自由』な時間は増えますか?

 

苦手な事

仕事の雑務

家事や育児

介護

 

などなど

 

お金で他の人に頼んで

自分の時間を作ることはできますか?

 

以前の私と同じように

『ガムシャラ』に頑張っている女性を

応援したいと考え、

 

これからは

女性起業家のためのコミュニティ運営に力を入れていきたいと思っています。

 

いつかあなたとお会いできたら嬉しいです!!!!

 

 

集客パーソナルトレーナー

中谷仁美

 

私とLINEで繋がってくれたら嬉しいです!

【プロデュース実績多数!】【起業歴25年】
■わずか5年で34534人集客!
■出版社、プロモーション会社経営
■【自宅でビジネスが完結するプラチナフォームとは?】
■特別動画を6本【期間限定無料】で公開しています
ぜひ、私とLINEでつながって下さい❣️

友だち追加